背中ニキビ 皮膚科

背中ニキビは皮膚科での治療が効果的?正しい処置で目指せ背中美人!!

「最近背中ニキビが悪化してきた」「きちんとケアしても背中ニキビが治らない」このようなお悩みを持っていると、それがストレスになりさらにニキビが悪化するという悪循環を招きます。

 

そうならない為にも、背中ニキビは早めに皮膚科を受診するのがオススメなのです。そこで今回は皮膚科で治療を行うメリットについてご紹介していきます。又、どんな治療法が用いられるのかも記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

背中ニキビの原因って?どうして皮膚科をオススメするの?

 

背中ニキビは顔ニキビとは違い、マラセチア真菌と言うカビが原因で生じます。この真菌は皮脂や毛穴の角栓を好むため、皮脂量の多い背中で多く繁殖します。その結果、毛穴に真菌が入り込んで炎症を起こし、背中ニキビを生み出してしまうのです。

 

背中ニキビは皮脂の過剰分泌や毛穴汚れが原因の場合が多いです。よって生活習慣の改善や食生活の改善は必須です。しかしそれだけでなく、マラセチア真菌を死滅させる事も重要です。

 

マラセチア真菌は市販のニキビケア商品では死滅させる事ができません。顔ニキビの原因であるアクネ菌のみを殺菌するものがほとんどです。よって皮膚科で「抗真菌剤」を処方してもらう事がベストなのです。

 

では、皮膚科では抗真菌剤の処方以外にどのような治療が行われるのでしょう?下記で詳しくご紹介していきますね!

 

皮膚科では背中ニキビの治療にどのような処置を行うの??

 

*内服薬*

 

皮膚科で背中ニキビを治療する際には、次のような飲み薬を処方される事が多いです。
・抗生剤 ・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ビタミンC ・漢方薬 等
医師によって処方される薬は変わってくると思いますが、これらが一般的なようです。

 

*塗り薬*

 

抗真菌剤・・・背中ニキビの原因となるマラセチア真菌を死滅させる薬です。塗り薬ではなく飲み薬を処方される場合もありますので、医師の指示に従って治療していきましょう。

 

しかしこの抗真菌剤は長期間使用する事で、耐性菌が発生しニキビ治療が妨げられる場合もあります。なるべく短期間で治せるよう、医師の指示に従って正しく治療を行っていきましょうね。

 

レチノイド製剤・・・レチノイド製剤は角質層を柔らかくし、毛穴の詰まりを防ぐ薬です。毛穴の詰まりを予防する事でニキビの発生を防ぐ事ができるのです。しかし肌の赤みやヒリヒリ感等の副作用が出る可能性が高いので、使用の際は指示通りに使用しましょう。

 

*面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)*

 

面皰圧出という器具を使って、ニキビの膿や毛穴の詰まりを出す治療法です。毛穴詰まりを解消する事で、ニキビができにくくなるのです。自分の指を使って毛穴汚れを押し出す事も出来ますが、間違った方法で行うと肌を傷付けてしまいます。

 

又、背中は手の届きにくい場所ですので、自分で押し出すのは難しいでしょう。よって医師にお任せして、毛穴汚れや膿を除去してもらいましょう。

 

これらが皮膚科で行われる治療法です。しかしこれらの治療法は、比較的軽度の背中ニキビの場合に用いられます。重度の場合はピーリング・レーザー・光治療・イオン導入・ホルモン治療等が必要になってきます。

 

これらの治療法は保険適応外である事がほとんどですので、治療の際はしっかり確認しておきましょう。

 

皮膚科を受診して1日でも早く背中ニキビを改善しよう!

 

今回は皮膚科で背中ニキビを治療するメリットや治療法についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?背中ニキビによるストレスを溜め続けていると、さらにニキビを悪化させてしまいます。

 

そうならない為にも、早めに皮膚科を受診して改善を目指しましょう!又、背中ニキビの改善には規則正しい生活やバランスのとれた食事が欠かせません。皮膚科での治療を進めながら、あなたの生活内容も変えていきましょうね。

 

正しい治療を受け、ニキビのない背中を手に入れましょう!