背中ニキビ オロナイン

背中ニキビはオロナインに効く?気になる効果を徹底検証!

家庭の万能薬として知られるオロナイン。肌トラブルにはとりあえずオロナインを塗っておく、という方も多いのではないでしょうか。
しかしオロナインの効果は本当に万能なのか、気になるところ。

 

そこで今回は背中ニキビの改善にも効果が期待できるのか、オロナインの効果や使い方について詳しくご説明していきます。
オロナインは背中ニキビの改善にどう作用するのか、ぜひチェックしてみましょう!

 

背中ニキビに効く?オロナインの効果

 

オロナインは擦り傷・切り傷などケガやキズにとりあえず…というイメージで使用している方も多いのではないでしょうか。
しかし万能薬と言われるオロナインでも、効果・効能はしっかり記載されています。

 

オロナインの効果・効能に記載されている症状としては、「ニキビ・吹き出物・はたけ・やけど・ひび・しもやけ・あかぎれ・キズ・水虫・たむし・いんきん」などが挙げられており、意外にもオロナインに一番初めに記載されているのは、ニキビや吹き出物なのです。

 

オロナインの主成分となっているのが、クロルヘキシジングルコン酸塩液で、この成分は殺菌や抗菌作用があり、ニキビや傷口などへの雑菌の侵入や炎症を抑える効果が期待できます。

 

オロナインの効果・効能には、特にニキビの場所に対する表記がないため、全身のニキビの改善に期待できるはずですが、クロルヘキシジングルコン酸塩液の効果から考えると、ニキビの種類によって改善できるニキビとそうでないニキビがあります。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌・抗菌作用で雑菌の炎症を抑える効果があるので、すでに炎症を起こしている赤ニキビや、これから炎症が起こりうる白ニキビの改善に効果が期待できると言えます。

 

逆に炎症が酷くなりただれた赤ニキビや炎症が落ち着いた紫ニキビ、またニキビ跡の改善には効果が期待できません。背中ニキビが炎症を起こしやすい赤ニキビや白ニキビであれば、オロナインで改善効果が期待できるので、お手入れに取り入れてみましょう。

 

背中ニキビを治すオロナインの使い方

 

オロナインを背中ニキビに使用する時は、まず背中の皮膚を清潔にしておくことが重要です。入浴時にキレイに洗うことが大切ですが、ゴシゴシ擦ったり、石鹸やボディーソープをすすぎ残したりすることで、背中ニキビが悪化してしまう原因になっています。

 

背中を洗う時はなるべく刺激を与えないよう、ボディーソープをしっかり泡立てし、優しく洗い上げるようにしましょう。洗った後はすすぎ残しがないようにすることが大切ですが、熱すぎるお湯で流すと必要な皮脂まで流れてしまうので40℃程度のお湯を使用しましょう。

 

体を拭く時もゴシゴシ拭くのではなく、肌に優しい素材のタオルでポンポンと擦らないように水分を拭き取りましょう。
背中をキレイな状態に整えたら、次にオロナインを塗布していきます。

 

オロナインをニキビのある背中全体に塗布してしまうと、オロナイン自体が毛穴を塞ぎ、新たな背中ニキビの原因になってしまいます。背中ニキビにオロナインを塗布する時には、ニキビができているところにピンポイントで塗っていくことが大切です。

 

背中のケアなので、場所によっては誰かに手伝ってもらわないと難しいでしょう。
また先述の通り、オロナインでは改善が難しいタイプのニキビもあるので、しっかり見極めてからケアするようにしましょう。

 

オロナインは長期使用を目的とした薬ではないため、1週間使用しても改善が見られない時には使用を控えて、皮膚かを受診するようにしましょう。

 

背中ニキビはオロナインで効果的に治そう!

 

オロナインは万能薬と言われていますが、やはり使用する際にはしっかり効果・効能や使用方法などをチェックして正しく使用することが大切です。

 

背中ニキビをオロナインでケアする時は、ニキビの状態や使用方法などポイントを押さえて塗布すれば、改善効果は期待できます。
背中ニキビをキレイに治すためにも、適切にオロナインを使用するよう心がけましょう!