背中ニキビ カビ

背中ニキビの原因はカビ!?ニキビが悪化するお肌の健康状態とは…

顔に全くニキビができないのに、背中のニキビだけがなかなか治らないという方は非常に多く、その理由は顔と背中のできるニキビの原因が違うことが挙げられます。

 

特に背中ニキビは、皮膚のカビが原因となっていることが多いのです。
皮膚のカビとはどんなものなのか、皮膚の健康を守るためのお手入れと一緒に詳しくご説明していきます。

 

背中ニキビの原因?肌の健康を脅かすマラセチア菌とは…

 

顔にできるニキビと背中にできるニキビは、同じように見えて実は原因が違います。
顔にできるニキビはアクネ菌と言われる細菌により生じていますが、背中ニキビはマラセチア菌という真菌が原因になっています。真菌とは、皮膚に寄生にする「カビ」です。

 

このマラセチア菌はアクネ菌と同様、肌の常在菌で空気に触れることを苦手とする嫌気性のという特徴を持っているため、空気に触れることが少ない毛穴に存在しています。
そして皮脂や汗を栄養としてどんどん増殖を繰り返していきます。

 

マラセチア菌は暑く汗をかきやすい季節や、睡眠不足やストレスを感じている時、生活習慣が不規則になっている時などに、気候や生活環境に影響を受けて、増殖しやすくなります。

 

このマラセチア菌が増殖することで、マラセチア毛包炎を言う肌トラブルを起こします。
このマラセチア毛包炎は毛穴で炎症を起こしている状態で、一般的に背中ニキビと言われています。

 

顔にできるアクネ菌が原因となっているニキビと違い、背中ニキビは痛みやかゆみなどを伴うことが少ないため、なかなか背中ニキビに気付きにくく、気付いた時にはジュクジュクと炎症が悪化していたり、ニキビ跡になっていたりと重症化しやすい傾向にあります。

 

背中ニキビが悪化してしまう原因としては、過剰に分泌された汗や皮脂が毛穴に詰まることでマラセチア菌が増殖したことが考えられます。背中は体の中でも汗や皮脂を分泌する汗腺が多く分布されているので、特にニキビができやすい場所なのです。

 

また衣服や下着による擦れや、体を洗う時にゴシゴシとナイロンタオルで擦ってしまうことでも背中ニキビが悪化してしまいます。背中ニキビは自然に治ることがないので、肌トラブルが気付きにくい背中は、日頃からしっかりチェックしてケアしておくことが大切です。

 

背中ニキビを改善するための皮膚カビの対処法

 

マラセチア菌により背中ニキビができてしまった時は顔ニキビと違い、そのままにしていても治ることはありません。背中ニキビを改善するためには、まずマラセチア菌による炎症や増殖を抑制する必要があります。

 

背中ニキビができた時は早めに病院を受診するようにしましょう。治療は主に抗真菌薬を内服・塗布がメインになり、症状に合わせて処方されます。約2週間程度で、症状が緩和・改善されていきます。

 

症状が緩和したことで薬の服用を止めてしまうと、一度治まりかけたマラセチア菌が再び炎症を起こして症状がぶり返してしまうことがあります。真菌をしっかり言抑制するためにも、処方薬はしっかり使用し、自己判断での減薬・断薬は絶対にやめましょう。

 

また一度改善しても、もともと背中ニキビができやすい体質であることに変わりはありません。普段から皮膚を健康に保ち、マラセチア菌が増殖や炎症を起こさないようにケアしておくことが大切です。

 

背中ニキビを予防・改善するためには、マラセチア菌が増殖する原因となる、睡眠不足・ストレス・栄養バランスの乱れた食事など生活習慣を見直すことが重要です。

 

背中ニキビはシャンプーやコンディショナー、ボディーソープなどの成分が皮膚に残ることで悪化する原因になるので、髪・顔・体の順番で洗い、すすぎ残しがないようにしっかり流すようにしましょう。

 

背中ニキビの改善に皮膚の健康をしっかり守ろう!

 

なかなか治らない背中ニキビは肌のカビであるマラセチア菌が原因になっている可能性が高いでしょう。背中は自分でケアするのも難しい場所なので、早めに病院を受診し、適切に対処することを心がけましょう。

 

マラセチア菌は肌の常在菌なので、ポイントを押さえて皮膚をキレイに保っていれば、背中ニキビになることはありません。
ぜひ背中ニキビができる前に予防の意識をもってケアしていきましょう!