背中ニキビ 生理

背中ニキビと生理の関係は…ホルモンバランスの影響と対処法

女性の身体には、生理前後に様々な変化が現れます。
頭痛・腰痛・めまい・吐き気・肌荒れなど、人それぞれ症状は違いますが、生活に支障をきたすようなツライ症状が現れることもあります。

 

生理が終わり、体が元の状態に戻れば落ち着く症状も多々ありますが、背中ニキビなど一度できてしまったものは生理が終わった後もそのまま残り、そしてまた次の生理周期によって、背中ニキビが悪化するという悪循環を繰り返してしまうのです。

 

そこで今回は生理によって背中ニキビができる原因やできてしまったニキビをどうケアするべきなのかを詳しくご説明していきます。

 

生理で背中ニキビが酷くなる原因

 

生理前後で背中ニキビが酷くなる原因は、ホルモンバランスの乱れが影響していると考えられます。生理前にイライラしたり気分が優れなかったりしてしまうのも、月経前症候群(PMS)と言われるホルモンバランスの乱れからくる症状です。

 

私たち女性の身体には卵胞ホルモンと言われるエストロゲンと黄体ホルモンと言われるプロゲステロンという2種類のホルモンが分泌されており、月経周期に合わせてその分泌量が変化していきます。

 

特に背中ニキビが悪化してしまう生理前には、このプロゲステロンの分泌量は多くなり、体の中で優位に働くようになります。このプロゲステロンは基礎体温を上げたり子宮内の状況を安定させたりと、妊娠しやすい身体づくりに重要なホルモンです。

 

しかしこのプロゲステロンは妊娠のための重要な働きもありますが、同時に皮脂分泌を促す働きもあります。生理前はプロゲステロンの働きにより、皮脂分泌が増えるため体がベタつきやすく感じることも増えていきます。

 

そして背中は体の中でも特に皮脂腺が多く分布されているので、過剰に分泌した皮脂の影響を受けやすい場所です。過剰に分泌した皮脂が毛穴で詰まり、背中ニキビができてしまう原因となってしまうのです。

 

背中ニキビはなかなか気付きにくく手が届きづらいため、適切なお手入れをするのが難しい肌トラブルです。生理が終わり、ホルモンバランスが落ち着いてくれば、徐々に背中ニキビも改善していきますが、また生理周期によって治りきる前に悪化してしまうのです。

 

女性の身体はホルモンバランスによって影響を受けやすいのは、生理周期がある以上仕方のないことでもあります。日頃からホルモンバランスの乱れに影響を受けないように、体の変化に対応していくことが大切です。

 

生理に負けない!背中ニキビの対処法

 

生理前からプロゲステロンの分泌が多くなり、エストロゲンの分泌が徐々に少なくなっていきますが、このエストロゲンの減少こそが、背中ニキビを悪化させる原因になっています。生理前にエストロゲンの減少を抑えることで背中ニキビの改善に期待ができます。

 

エストロゲンはホルモンバランスを整える働きや皮脂の分泌を抑える働きがあります。減ってしまったエストロゲンを補うためには、同じような構造や働きをもつ大豆イソフラボンを意識して摂取することがおすすめです。

 

大豆イソフラボンは、豆腐や豆乳などの大豆製品に多く含まれている成分で、摂取することで不足したエストロゲンに変わり、ホルモンバランスを整えてくれる効果があります。プロゲステロンの分泌が多くなる生理1週間前くらいから意識して摂取するようにしましょう。

 

またホルモンバランスは生活習慣にも大きく影響を受けています。睡眠不足・ストレス・栄養不足の食事などの影響でホルモンバランスが乱れ、生理前に関わらずプロゲステロンの分泌量が増えてしまうことがあります。

 

ホルモンバランスを整えて背中ニキビを改善するためにも、日頃から規則正しい生活習慣を心がけておくことも大切です。

 

生理でも肌状態をキープして背中ニキビを予防しよう!

 

ホルモンバランスにより、背中ニキビだけでなく様々な肌トラブルが現れることが多くなります。日頃から体の変化に気付けるようにしておくことができれば、肌トラブルを回避することができるようになります。

 

まずは自分の体としっかり向き合い、体に現れる変化に対して適切に対応できるように意識を向けてみましょう。