背中ニキビ 跡

背中ニキビ跡が治らない!効果的な対処法と予防法

背中ニキビはなかなか気付きにくく、気付いた時にはすでにニキビ跡になっていた…なんてことも多いのではないでしょうか。

 

背中ニキビはケアが難しく、跡に残ると更に改善が難しくなってしまいます。
なぜ背中ニキビが跡残りしてしまうのか、またどうすれば予防できるのかを、詳しくご紹介していきます。

 

ぜひ参考にして、ニキビ跡を跡残りしないよう正しくケアしていきましょう!

 

背中ニキビが跡に残る原因は?

 

背中ニキビが跡になってしまうとなかなか改善が難しく、背中の開いた服を着る時や髪の毛をアップする時などに目立ってしまい、好きなファッションを躊躇してしまう原因になってしまいます。

 

背中は皮脂分泌も多く、顔に比べお手入れも十分にできないため、身体の中でもニキビができやすい場所と言えます。背中ニキビができても気付きにくく、気付かない間に衣服の摩擦や体を洗う時にゴシゴシ擦ってしまうことで後に残りやすいのです。

 

ニキビ跡と言ってもいくつか種類があり、ニキビ跡を適切にケアするためには、自分の背中ニキビの跡がどの種類のものなのかを理解しておくことが、改善のための重要なポイントになります。

 

まず赤みのあるニキビ跡です。この赤みはニキビにより傷付いた皮膚のダメージを修復するために毛細血管が膨張・増生することでうっ血を起こしている状態で、ニキビ跡としては初期段階なので、この時にしっかりケアをしておけば比較的早く改善することができます。

 

この赤みのあるニキビ跡を放置して悪化すると、色素沈着を起こすことになり、改善が難しくなっていきます。色素沈着はニキビによって傷ついた皮膚が更に摩擦や刺激によってダメージを受け、肌内部に茶色や紫に色素が定着してしまいます。

 

背中ニキビは毛穴の炎症が原因になっていますが、この炎症によるダメージが皮膚内部の真皮層にまで達することで、肌が再生することができなくなりクレーター状に肌が凸凹なニキビ跡になってしまうことがあります。

 

また何度も繰り返し同じ場所にニキビができていると、肌の再生がスムーズに行われず、しこりのようなニキビ跡になって残ることもあります。

 

このように背中ニキビには、赤みのある跡・色素沈着を起こした跡・クレーターやしこりの凹凸のある跡などの種類に分けられます。

 

ニキビ跡のない美しい背中を目指すためにも、まずは自分の背中ニキビの跡の状態が、どのタイプの跡なのかをしっかり見極めるようにしましょう。

 

背中ニキビを残さないための対処法と予防法

 

背中ニキビが赤みのある跡や色素沈着を起こしている跡であれば、ホームケアでも十分改善することができます。どちらのタイプにしても改善するためには早めにケアを始めることが重要になります。

 

まず赤みのあるニキビ跡は肌の状態を安定させターンオーバーを整えれば徐々に薄くなっていきます。衣服や下着による擦れや体を洗う時の摩擦が強いと色素沈着してしまうので、生活の中で肌ダメージになる要因を回避し、しっかり保湿のケアを行うようにしましょう。

 

次に色素沈着を起こしてしまったニキビ跡は、赤みのあるニキビ跡よりも改善に少し時間がかかってしまいます。色素沈着はシミ・そばかす同様に、皮膚内に蓄積したメラニンが影響しています。美白のケアをプラスして、蓄積したメラニンをスムーズに排出させましょう。

 

クレーター状やしこりのあるニキビ跡は、肌の修復が正常に行えていないため、自分でケアしても改善は難しいでしょう。美容系のクリニックでは、レーザーやピーリング治療によって早期に改善することもできるので、気になる方は一度クリニックを受診してみましょう。

 

背中ニキビは跡残りしないようキレイに治そう!

 

背中ニキビの跡は、状態に合わせて適切に対処すれば、悪化を防ぎキレイに改善することができます。どのタイプのニキビ跡でも、早めのケアが重要になるので、日頃から背中の状態をチェックして、ニキビができた時にはすぐに対処できるようにしておきましょう。