背中ニキビ 洗い方

背中ニキビ改善には洗い方が重要だった!正しいケアで背中美人へ!!

「ふと鏡で背中を見るとプツプツとニキビができていた」「背中の空いた服を着る自信がない」そんなお悩みをお持ちのあなた!

 

背中ニキビの原因と、背中ニキビを生み出している習慣をご存知ですか?背中ニキビは不規則な生活や食生活とも大きく関係していますが、実は背中の洗い方にも注意が必要なのです。

 

そこで今回は、背中ニキビの原因と背中の正しい洗い方についてご紹介していきます。背中ニキビの予防・改善の為に、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

そもそも背中ニキビの原因とは!?

 

背中ニキビは顔のニキビとは違い、マラセチア真菌というカビが原因で生じます。このマラセチア真菌が毛穴に入り込む事で炎症が生じ、背中ニキビができてしまうのです。カビが皮膚で悪さをしていると聞くと不安になってしまうかもしれません。

 

しかしマラセチア真菌は誰の肌にも存在するものですので、安心して下さいね。又、この真菌は皮脂を好み、皮脂分泌が多くなると繁殖も活発になります。生活習慣や食生活の悪化・ストレス・紫外線等には十分な対策を行いましょう。

 

さらに洗濯洗剤・柔軟剤が合っていない・シャンプーやリンスのすすぎ不足等にも要注意です。これらの要因が背中ニキビを生み出している可能性もあるのですよ。あなたが使用している洗剤の見直しや、すすぎ不足を解消して肌に優しい環境を作りましょう。

 

背中ニキビには正しい洗い方がある!?普段のケアを見直してみよう!

 

*強い刺激を与えない*

 

ナイロンタオル等で背中をゴシゴシ洗うと、体がサッパリするような気がしますよね?しかしこの洗い方では、皮脂を必要以上に取ってしまう為、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

 

するとマラセチア真菌が毛穴に侵入しやすい状態になりますので、背中ニキビの悪化を招く恐れがあります。又、すでにできてしまったニキビを悪化させたり、ニキビ跡が残りやすくなったりします。よって背中を洗う際は、柔らかいタオル等で優しく洗いましょう。

 

*すすぎ残しを解消する*

 

上記でも記載しましたが、綺麗に背中を洗ってもすすぎ残しがあれば背中ニキビに繋がります。ボディーソープ・シャンプー・リンス等を洗い流した後は、背中もよくすすぐように意識しましょう。

 

*湯船に浸かる*

 

背中ニキビは皮脂が詰まった毛穴にマラセチア真菌が入り込む事で生じます。この真菌は皮脂を好む性質を持っていますので、毛穴汚れはしっかり落とす必要があります。しかし背中は自分から見えないし、届きにくい場所ですので、十分なケアが行い辛いです。

 

そこで有効なのが、湯船に浸かる事です。毛穴の奥の汚れを洗い流すには、湯船にゆっくり浸かり毛穴を開く事が大切なのです。シャワーだけで済ましているという方は、湯船に浸かる習慣を付けてみましょう。

 

*保湿を行う*

 

あなたは背中の保湿ケアを行っていますか?顔と同じように、背中もしっかりケアしないと乾燥や背中ニキビの悪化に繋がります。背中は手が回りにくい場所ですが、鏡を見ながらきちんと保湿ケアを行いましょう。

 

最近は、浴室で濡れたままの肌に塗るボディークリームが販売されています。毎日が忙しくてケアが続かないという方は、このようなアイテムを利用してみてはいかがでしょうか。十分なケアを行い、背中ニキビの予防・改善に繋げましょう。

 

正しいケアを行って気になる背中ニキビを改善しよう!

 

今回は背中ニキビを予防・改善する為の洗い方やポイントをご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?背中ニキビの原因となるマラセチア真菌は皮脂が詰まった毛穴が大好物です。背中ニキビを改善するなら、まずは背中の皮脂汚れをしっかりオフしましょう。

 

そして保湿する事も忘れないで下さい。乾燥は肌のバリア機能低下を招き、トラブルを起こしやすくします。ボディークリームや化粧水等を利用して、十分な保湿を行って下さいね。

 

正しいケアを取り入れ、気になる背中ニキビの悩みから解放されましょう!